SSブログ

自然農法:サツマイモとメロンを交互作付けして一毛作で連作・無肥料無農薬栽培 [自然農法:サツマイモ]

 このブログ「チャレンジ自然農法」は、2017年春に知った「たんじゅん農」(=炭素循環農法)を主な拠りどころとしています。その「たんじゅん農」の詳細は、サイト「百姓モドキの有機農法講座」 http://tan.tobiiro.jp/etc/home.html をご覧ください。
 なお、「たんじゅん農」の概要と、その後に知った河名秀郎さんが勧めておられる無肥料・無農薬の「自然栽培」の概要については、このブログの最初の記事をご覧ください。
「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培との出会い」

 「たんじゅん農」に出会う少し前(2016年晩秋から翌春)に、畑全体のネコブセンチュウ対策に取り組んだ。これは、場所によってはサツマイモにけっこうな被害が出ていて、ずっと畑全体で輪作していたから、空いた畝に順次、土壌改良菌剤と藁を入れ込んだところである。
 使用した土壌改良菌剤は、「粒状YKD」(線虫捕食菌、繊維分解菌を含有)と「バイオS5」(繊維分解菌、病原菌抑制菌を大量に含有)であり、「粒状YKD」の説明書に「稲藁をも分解し、一緒にすき込むとよい」とあり、そうした。また、1回の処置でネコブセンチュウは根絶できず、翌年、半量を同様にすき込むよう書かれていた。
 1回の処置で、どの程度の効果がでるか、2017年晩秋にサツマイモを掘ってみたところ、ほとんどその効果は感じなかった。また、「たんじゅん農」がうまくいけば、ネコブセンチュウもいなくなるとのことであるから、土壌改良菌剤の投入はこれまでとする。また、「百姓モドキの有機農法講座」に、“EM菌を1回だけ使う方法もあるが、よく知って使わないと逆効果となり、素人は手を出さないほうがいい”旨書かれていたから、なおさらである。「粒状YKD」と「バイオS5」が「EM菌」とどう違うのか知らないが、似たような感じがし、少々心配である。

 ところで、無肥料栽培に取り組むに当たって初期の土壌改良については「百姓モドキの有機農法講座」には、「窒素を多く含むものは絶対避けること。高炭素素材を入れ込むことがポイント」と書かれている。一番のおすすめは、廃菌床(茸栽培の残渣)、ついでトウモロコシの残骸や麦藁などであり、稲藁もまずまず使える、となっている。うちで簡単に手に入るのは刻み藁であり、これでいくことにした。ネコブセンチュウ対策でも、けっこうな量を入れ込んだから、正解ではなかったろうかと、ひそかに思っている。

 さて、サツマイモの栽培は、須賀前の畑では基本的にメロンとの混植栽培としており、広幅1畝の中央に1列メロンを植え、その両側に各1列サツマイモを植えるという方法を取り、メロンの収穫が終わりかけた頃からサツマイモのツルが畝全体を覆い、メロンは枯れてサツマイモだけの畝になり、効率よく2つの作物が収穫できるというものである。そして、3畝のうち1畝はサツマイモの栽培を止め、メロン収穫後にネコブセンチュウ対抗植物(コブトリソウ)を育てることにしている。
 当初、自宅前の畑でも2畝を同様にしていたが、畝幅が十分に取れないので、普通幅の畝4畝に立て直し、サツマイモとメロンを交互作付けすることとし、メロン収穫後にネコブセンチュウ対抗植物(コブトリソウ)を育てることにしている。

<2018年産 サツマイモとメロン交互作付け>
 2017年12月に広幅畝2畝作りを行い、枯草や藁を入れ込んだが、18年6月に普通幅の畝4畝に立て直した。
 その結果、紅はるか20株で15.6kg、紅あずま20株で15.4kgとまずまずの収量となった。
 ネコブセンチュウ被害は、土がついた状態では1、2割程度に思えたが、洗ってみたら過半に何らかの被害がある。そこで、ネコブセンチュウ退治薬剤(ネマトリンエース:ホスチアーゼ粒剤)を先日JAで買い、11月14日、これをすき込むことに。なお、そのとき、半分堆肥化しかけた藁(メロンの敷き藁)と少々の刻み藁を畝起こししながら埋め込んだ。


<2019年産 サツマイモとメロン交互作付け>
 無肥料でメロンと交互に作付け(各2畝)するサツマイモ栽培、2年目である。
 今年は紅はるか25株で11.5kg、安納芋25株で9.5kgとだいぶ成績が悪くなった。昨年から無肥料栽培であり、その影響が出た可能性が大。
 なお、ネコブセンチュウ退治薬剤が効いたのか安納芋は被害は軽微となったものの、紅はるかは効いたことは効いたがさほどのことはなかった。
 来年のサツマイモ畝は、今年メロン栽培畝(その後にコブトリソウ)とし、コブトリソウの残骸とサツマイモのツルが被せてある。

<2020年産 サツマイモとメロン交互作付け>
 無肥料でメロンと交互に作付け(各2畝)するサツマイモ栽培、3年目である。
 今年のサツマイモ畝は昨年のメロン作付け以来、一切土いじりしてないし、肥料も刻み藁も入れてない。
 2畝に各27本を植え付けたが、購入した苗をしばらく放置しておいたら、溶けてしまうものが多く、かなり悪い苗での栽培であったせいか、収量は2畝で10.7kgと不作であった。

<2021年産 サツマイモとメロン交互作付け>
 無肥料でメロンと交互に作付け(各2畝)するサツマイモ栽培、4年目である。
 昨年不作であったので、植え付け前に東畝はスコップで畑起こしもどきを行い、牡蠣殻粉末を入れ込んだ。西畝は今年初めて春作にソラマメ栽培を行い、晩秋に畑起こしもどきをし、そのときに牡蠣殻粉末を入れ込んでおいた。
 作付けはJAで購入した「紅はるか」50本を定植。おまけがあったので26本、27本の植え付けとなり、昨年と同様の本数となった。
 2畝とも大豊作で、計57.3kgもあった。牡蠣殻粉末を入れた効果なのだろうか、それは不明だが。ネコブセンチュウ被害はまだまだ若干あり。
コメント(0) 

自然農法:サツマイモをメロン類と混植して一毛作で連作・無肥料無農薬栽培 [自然農法:サツマイモ]

 このブログ「チャレンジ自然農法」は、2017年春に知った「たんじゅん農」(=炭素循環農法)を主な拠りどころとしています。その「たんじゅん農」の詳細は、サイト「百姓モドキの有機農法講座」 http://tan.tobiiro.jp/etc/home.html をご覧ください。
 なお、「たんじゅん農」の概要と、その後に知った河名秀郎さんが勧めておられる無肥料・無農薬の「自然栽培」の概要については、このブログの最初の記事をご覧ください。
「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培との出会い」

 「たんじゅん農」に出会う少し前(2016年晩秋から翌春)に、畑全体のネコブセンチュウ対策に取り組んだ。これは、場所によってはサツマイモにけっこうな被害が出ていて、ずっと畑全体で輪作していたから、空いた畝に順次、土壌改良菌剤と藁を入れ込んだところである。
 使用した土壌改良菌剤は、「粒状YKD」(線虫捕食菌、繊維分解菌を含有)と「バイオS5」(繊維分解菌、病原菌抑制菌を大量に含有)であり、「粒状YKD」の説明書に「稲藁をも分解し、一緒にすき込むとよい」とあり、そうした。また、1回の処置でネコブセンチュウは根絶できず、翌年、半量を同様にすき込むよう書かれていた。
 1回の処置で、どの程度の効果がでるか、2017年晩秋にサツマイモを掘ってみたところ、ほとんどその効果は感じなかった。また、「たんじゅん農」がうまくいけば、ネコブセンチュウもいなくなるとのことであるから、土壌改良菌剤の投入はこれまでとする。また、「百姓モドキの有機農法講座」に、“EM菌を1回だけ使う方法もあるが、よく知って使わないと逆効果となり、素人は手を出さないほうがいい”旨書かれていたから、なおさらである。「粒状YKD」と「バイオS5」が「EM菌」とどう違うのか知らないが、似たような感じがし、少々心配である。

 ところで、無肥料栽培に取り組むに当たって初期の土壌改良については「百姓モドキの有機農法講座」には、「窒素を多く含むものは絶対避けること。高炭素素材を入れ込むことがポイント」と書かれている。一番のおすすめは、廃菌床(茸栽培の残渣)、ついでトウモロコシの残骸や麦藁などであり、稲藁もまずまず使える、となっている。うちで簡単に手に入るのは刻み藁であり、これでいくことにした。ネコブセンチュウ対策でも、けっこうな量を入れ込んだから、正解ではなかったろうかと、ひそかに思っている。

 さて、サツマイモの栽培は、基本的にメロンとの混植栽培としており、広幅1畝の中央に1列メロンを植え、その両側に各1列サツマイモを植えるという方法を取り、メロンの収穫が終わりかけた頃からサツマイモのツルが畝全体を覆い、メロンは枯れてサツマイモだけの畝になり、効率よく2つの作物が収穫できるというものである。

 輪作していた頃は、前作の残留肥料があるから、ほとんど無肥料としていたが、連作(メロンとともに)するようになってからは、若干の土壌改良に取り組んだ。
 
<2018年産 サツマイモとメロンで3列栽培>
 2017年12月に広幅畝作りを行う。刻み藁をばら撒き、ビッチュウで起こしてから、中央部に凹を付け、サツマイモのツルの残骸や藁を埋め込み、メロンも無肥料栽培。
 その結果は、メロンもサツマイモも無肥料にもかかわらず、好成績となった。ただし、サツマイモは若干の減収。
 ところで、ネコブセンチュウ被害は、土がついた状態では1、2割程度に思えたが、洗ってみたら過半に何らかの被害がある。土壌改良菌剤の効き目はイマイチ。

<2019年産 サツマイモとメロンで3列栽培>
 ネコブセンチュウ被害からの脱却を優先し、無農薬はあきらめ、ネコブセンチュウ退治薬剤(ネマトリンエース:ホスチアーゼ粒剤)2018年12月にすき込むことにした。
 刻み藁を少々ばら撒き、ネマトリンエースを規定量どおり振り撒く。畑起こししながら、サツマイモのツルと半分堆肥化しかけた藁(メロンの敷き藁)を埋め込む。
 この年は栽培品種を安納芋と紅はるかの2品種に絞り込んだが、安納芋(けっこう肥料を欲しがる感じがする)は不作で、紅はるかは若干の不作となった。そして、ネコブセンチュウ被害は軽微なものとなった。
 なお、ネコブセンチュウ対策は、農薬は2019年限りとし、3畝あるから、3年に1回順々にサツマイモは休耕し、メロン収穫後、その1畝全体にネコブセンチュウ対抗植物(コブトリソウ)の種蒔きをし、その根っこによってネコブセンチュウを退治することにした。

<2020年産 サツマイモとメロンで3列栽培>
 ネコブセンチュウ退治薬剤は昨年産だけの使用とし、その後の対策としては、3年ローテーションで昨年からサツマイモを1畝休耕し、その代わりに今年のメロン収穫後、ネコブセンチュウ対抗植物(コブトリソウ)を栽培することにした。
 なお、畝づくりは、コブトリソウを栽培した畝は土いじりせず、サツマイモを作付けした畝は刻み藁をどれだけか埋め込んだ。そして、これは例年のことだが、休耕田から搬入した枯草で雑草抑えをしておいた。
 さて、収量であるが、今年から紅はるか1品種に絞り込んだところであるが、ツルの生長は良かったが、芋は昨年より不作となった。
 なお、ネコブセンチュウ退治薬剤の効果が継続しているようであり、また、対抗植物も効いたのであろう、被害は昨年に比べてだいぶ軽微となった。

<2021年産 サツマイモとメロンで3列栽培>
 3年ローテーションでサツマイモを1畝休耕し、その代わりに今年のメロン収穫後、ネコブセンチュウ対抗植物(コブトリソウ)を栽培するという方式(自宅前はメロン<後作にコブトリソウ>とサツマイモの交互連作)を今年も採る。
 なお、畝づくりは、コブトリソウを栽培した畝は土いじりせず、サツマイモを作付けした畝は刻み藁とサツマイモのツルの枯れたものをどれだけか埋め込んだ。ところで、例年行っていた休耕田からの枯草搬入は、休耕田を売却したため不可能となった。
 さて、収量であるが、昨年から紅はるか1品種に絞り込んだところであるが、昨年より豊作となった。なお、ネコブセンチュウ被害は昨年と同様な状態で、無被害のものは半分に満たない感がする。
コメント(0) 

自然農法:山芋(むかごからの2カ年栽培)の連作・無肥料無農薬栽培 [自然農法:山芋]

 このブログ「チャレンジ自然農法」は、2017年春に知った「たんじゅん農」(=炭素循環農法)を主な拠りどころとしています。その「たんじゅん農」の詳細は、サイト「百姓モドキの有機農法講座」 http://tan.tobiiro.jp/etc/home.html をご覧ください。
 なお、「たんじゅん農」の概要と、その後に知った河名秀郎さんが勧めておられる無肥料・無農薬の「自然栽培」の概要については、このブログの最初の記事をご覧ください。
「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培との出会い」

 無肥料栽培に取り組むに当たって初期の土壌改良については「百姓モドキの有機農法講座」には、「窒素を多く含むものは絶対避けること。高炭素素材を入れ込むことがポイント」と書かれている。一番のおすすめは、廃菌床(茸栽培の残渣)、ついでトウモロコシの残骸や麦藁などであり、稲藁もまずまず使える、となっている。うちで簡単に手に入るのは刻み藁であり、これでいくことにした。
 なお、「たんじゅん農」に出会う少し前に、畑全体のネコブセンチュウ対策に取り組んだ。これは、サツマイモにけっこうな被害が出ていて、畑全体で輪作しているから、空いた畝に順次、土壌改良菌剤と藁を入れ込んだところである。使用した土壌改良菌剤は、「粒状YKD」(線虫捕食菌、繊維分解菌を含有)と「バイオS5」(繊維分解菌、病原菌抑制菌を大量に含有)であり、「粒状YKD」の説明書に「稲藁をも分解し、一緒にすき込むとよい」とあり、そうした。また、1回の処置でネコブセンチュウは根絶できず、翌年、半量を同様にすき込むよう書かれていた。これは1回の処置で終わらせたが、サツマイモには大した効果はなかった感がした。「たんじゅん農」がうまくいけば、ネコブセンチュウもいなくなるとのことであり、「百姓モドキの有機農法講座」に“EM菌を1回だけ使う方法もあるが、よく知って使わないと逆効果となり、素人は手を出さないほうがいい”旨書かれていた。「粒状YKD」と「バイオS5」が「EM菌」とどう違うのか知らないが、似たような感じがし、少々心配である。

 山芋は幾種類もあるが、うちで栽培しているのは、2012年の秋に富士五湖へ行った折、忍野八海で河口湖産の丸芋を売っており、これを買ってきてトロロにしたら、けっこう天然の山芋に近い味であり、ゴツゴツしていない芋であるから調理もしやすかったので、種芋として一部を残し、2013年から栽培を始めた。その後、芋の形状がイチョウイモに変わり、そして、短径芋に変わった。この様子からすると、品種はどうやら大石芋(富士河口湖町大石地区産)らしいことが分かった。土壌や気候で芋の形が変わるのが大石芋の特徴とのこと。
 そして、大石芋の本場では、むかごからの2か年栽培をしているというので、2017年から順次2か年栽培に切り替え、2021年からは4畝栽培(各2畝を1年ずらしてむかご植え付け、植えっ放しの2か年栽培)とした。
 山芋栽培は2年空けよと言われているから、従前は連作しなかったが、2018年からは連作とし、無肥料とした。もちろん無農薬栽培である。

<2018-19年の2か年栽培:無肥料1畝>
 2017年12月、新たに予定した畝(永年栽培グラジオラスの一番西の畝)のグラジオラス球根を全部掘り出し、スギナが密生しているから、その地下茎を丁寧に除去し、畝作りを行う。
 「たんじゅん農」にのっとって無肥料栽培とするが、炭素素材としての刻み藁が底を突き、年数が経過した長藁を入れ込むこととした。なお、「たんじゅん農」も最初は深く耕すほうがいいようであり、また、山芋はイチョウ芋(その後短径芋)であってもけっこう深く伸びるから、可能な限り深く土起こしすることにした。
 土起こしに当たっては、上層、中層、下層の土が混ざったり逆転しないように注意しながら、順次藁を何層にも敷き込み、畝整形を行った。なお、整形後、休耕田の枯草を搬入し、雑草抑えと堆肥化を目論んで、厚く覆った。
 2018年4月下旬にむかご(一部小さな収穫芋)を畝に1列に47個を埋め込んだが、6月上旬になっても未発芽なものが3割あり、高畝につき発芽後に乾いて枯れてしまったかもしれず、その箇所に余っていたむかごを埋め込んでおいた。10月になって、まあまあの生育のものと生育が悪いものが半々という状態となった。
 翌2019年5月末にはほとんど全部が芽吹いた。10月に種にするむかごを収穫。
 11月初め、ほとんど全部枯れたので、芋を収穫。スコップで掘り進め、掘り進めるとともに枯草や山芋のツルそして刻み藁を混ぜ込む。
 さて、収穫量だが、昨年の2か年栽培収穫のものは有機肥料での1列栽培で25.6kgあったが、今年収穫の畝は無肥料での1列栽培で19.4kgと、まずまずの成績。

<2019-20年の2か年栽培:無肥料1畝>
 栽培畝は2017-18年のむかごからの2か年栽培畝と同じ個所とし、畝づくりの詳細は2018-19年栽培と同様だが、2018年11月、それに追加して硬盤層くずしを行った。耕土の下部は砂質土となっており、芋がここにぶち当たると先端が黒ずんでしまい、それ以上には深く芋が伸びていかないようなのだ。
 そのため、硬盤層をさらに20cmほど掘り出し、スコップにより畑起こしもどき(10cm間隔でスコップを刺し、前方に少し押す)を行い、山芋のツル、刻み藁、土混じりむかご(むかごの処分のため)を投入し、100倍散の竹酢液をジョウロで適当に散水。酢は土壌細菌の増殖を促すとのことであるから使うことにした。
 2019年4月下旬に畝の峰やや東側に大きそうなむかごを1列、約30cm間隔で並べつつ、約5cmの深さに埋め込んでいく。畝がけっこう広幅だから、畝の峰やや西側にくずっぽい小さな種芋をもう1列植え付けた。
 むかごは5月に概ね芽吹いたが、小さな種芋の発芽は思いのほか少なかった。6月下旬には休耕田の枯草を運び込み、山芋の畝に雑草抑えのため敷き込んだ。
 過去2年のむかごからの栽培1年目に比べ、ツルの勢いが悪い。これではたいした芋ができていないと思われる。なお、1年目につき、むかごはほとんど生っていなかった。
 11月上旬、ほとんど全部枯れ、支柱を除去し、ツルが伸びていた箇所には目印に短い棒を差したが、けっこう歯抜けになっており、そうした箇所には、今年収穫した単年栽培畝2畝のイチョウ芋で小さなもの(200g~50g)を植え付けることとした。40か所ぐらい植え付けて、目印の棒を差しておいた。また、2、30gのものが10個ほどあったので、これを東面の法の上部に埋め込み(ここだけ3列栽培)、目印の棒を差しておいた。けっこう広幅の畝につき、これもけっこう生育するのではなかろうか。
 11月下旬に雑草抑えと堆肥化のため、休耕田から搬入した枯草を補充し、畝全体を覆う。そして12月にビニールシートで覆って防寒することに。(2月下旬に外す。)
 2020年3月下旬に目印の棒を抜き、支柱を立てる。全部で95本。
 その後、幾度か草刈機で草を刈ったり、手で引いたりし、10月にはむかごが畝にこぼれないよう、全部収穫。若干はこぼれたであろう。
 11月半ばに収穫。欠損株はほとんどなく、まずまずの出来。28.1kgと昨年の5割増しだが、株数が昨年の倍であるから、喜べない。
 掘るときに、2021-22年産のために刻み藁や枯草を混ぜ込もうかと思ったが、出来はまずまず良いし、掘る作業がやりにくくなるので、混ぜ込みせず。

<2020-21年の2か年栽培:無肥料2畝>
 ネギ連作栽培の両側の畝(東畝はむかごからの2年がかりの栽培で昨年収穫、西畝は単年栽培で昨年収穫)で、今年むかごからの2年がかりの栽培を行う。
 2019年11月の山芋収穫時に、スコップで掘り進めるとともに、枯草や山芋のツルそして刻み藁を混ぜ込む。最後に刻み藁を畝にばら撒き、小型ビッチュウで畝尻の土をかき揚げ、粗整形。
 4月下旬にむかごを植え付け。まず支柱を差し、畝がまあまあ広幅ゆえ、2列植えとし、西畝に85個植え付け。東畝は支柱からして90個植え付けとなるも、むかごが14個不足。不足部分は秋に収穫の小芋を埋め込み、これは単年栽培を目論む。
 その後、何度か草刈り、草引きをし、10月に、少しばかり生ったむかごを収穫。
 11月に支柱を除去しつつ、目印に短い棒(折れた野菜用支柱)を差しておき、欠損箇所に今年収穫した小芋を埋め込み。田んぼから刻み藁を持ってきて、厚く覆う。12月に防寒のためビニールシート(西畝のみで、間違えて東畝は野ざらし)を掛け、2021年2月シートを外す。3月下旬に目印棒を引き抜いて支柱を差し直す。
 その後、何度か草刈り、草引きをしたが、大ざっぱにしただけ。
 どういうわけか今年はむかごが一つも生らなかった。
 今年は例年より早く10月初めに収穫。欠損株はほとんどなく、まずまずの出来。2畝合計で食用芋が41kg、種芋用が13kgであった。
 掘り進めるときに、堀跡には枯草や枯れツルのみ混ぜ込み。

<2021-22年の2か年栽培:無肥料2畝>
 サツマイモ畝の西側とヤーコン畝の東側の2畝(いずれも山芋単年栽培で2020年収穫)で、今年むかごからの2年がかりの栽培を行う。
 2020年11月の山芋収穫時に、東畝はスコップで掘り進めるときに枯草や山芋のツルそして刻み藁を混ぜ込む。最後に刻み藁や枯草で畝を厚く覆う。西畝は刻み藁などの混ぜ込みは省略し、刻み藁や枯草で畝を厚く覆う。
 2021年4月、支柱(2列)立てを行い、各畝に2列各40本を均等に差す。むかご約120個と昨秋に収穫したチビ山芋約40個を埋め込む。各畝80個栽培。
 その後、何度か草刈り、草引きをしたが、大ざっぱにしただけ。
 1年目は例年むかごの生りは少ないが、なぜか今年はむかごが一つも生らなかった。 
 今年収穫した山芋の中から、10月8日に食用にならない小芋のなかで少々大き目のもの約50個をツルが伸びなかった箇所へ埋め込み。
 昨年、間違えて防寒用ビニールシートを張らなかった畝であっても十分に収穫量が上がったので、支柱は差しっぱなしにして、防寒用ビニールシートを張らずに越冬させることに。ただし、枯草やサツマイモのツルを乗せ、そして刻み藁をたっぷり被せておいた。

<2021(秋)-23年の2か年栽培:無肥料2畝>
 2021年秋に収穫した2畝で、その秋に早々にむかごの代わりに小さな種芋(不足する分は食用芋の上部を切り取ったもので代用)を植え付け、22年に芋をある程度大きくし、23年に芋を十分に生育させることを目論む。
 これは、むかごが全くならなかったことによる代替措置であるが、過去にむかご代わりに極小さな種芋を使ったことがあり、問題なかろう。もっとも、発芽率が悪かったから、来年の欠損株の穴埋めが十分にできるかどうか、その点が心配ではある。
 21年秋の収穫後、刻み藁をどれだけかすき込んで畝整形し、小さな種芋を植え付け。なお、植え付けに先立ち短い支柱を差し込み、植え付け後に防寒用ビニールシートを峰にだけ張っておいた。12月半ばすぎにはシートの裾を峰にまで伸ばすことにする。シート押えはサツマイモのツル。 
 
コメント(0) 

自然農法:枝豆の無肥料無農薬栽培 [自然農法:枝豆]

 このブログ「チャレンジ自然農法」は、2017年春に知った「たんじゅん農」(=炭素循環農法)を主な拠りどころとしています。その「たんじゅん農」の詳細は、サイト「百姓モドキの有機農法講座」 http://tan.tobiiro.jp/etc/home.html をご覧ください。
 なお、「たんじゅん農」の概要と、その後に知った河名秀郎さんが勧めておられる無肥料・無農薬の「自然栽培」の概要については、このブログの最初の記事をご覧ください。
「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培との出会い」

「たんじゅん農」に出会う少し前(2016年晩秋から翌春)に、畑全体のネコブセンチュウ対策に取り組んだ。これは、場所によってはサツマイモにけっこうな被害が出ていて、ずっと畑全体で輪作していたから、空いた畝に順次、土壌改良菌剤と藁を入れ込んだところである。
 使用した土壌改良菌剤は、「粒状YKD」(線虫捕食菌、繊維分解菌を含有)と「バイオS5」(繊維分解菌、病原菌抑制菌を大量に含有)であり、「粒状YKD」の説明書に「稲藁をも分解し、一緒にすき込むとよい」とあり、そうした。また、1回の処置でネコブセンチュウは根絶できず、翌年、半量を同様にすき込むよう書かれていた。
 1回の処置で、どの程度の効果がでるか、2017年晩秋にサツマイモを掘ってみたところ、ほとんどその効果は感じなかった。また、「たんじゅん農」がうまくいけば、ネコブセンチュウもいなくなるとのことであるから、土壌改良菌剤の投入はこれまでとする。また、「百姓モドキの有機農法講座」に、“EM菌を1回だけ使う方法もあるが、よく知って使わないと逆効果となり、素人は手を出さないほうがいい”旨書かれていたから、なおさらである。「粒状YKD」と「バイオS5」が「EM菌」とどう違うのか知らないが、似たような感じがし、少々心配である。

 ところで、「百姓モドキの有機農法講座」には「窒素を多く含むものは絶対避けること。高炭素素材を入れ込むことがポイント」と書かれている。一番のおすすめは廃菌床(茸栽培の残渣)、ついでトウモロコシの残骸や麦藁などであり、稲藁もまずまず使える、となっている。うちでは廃菌床は容易には手に入らないし、トウモロコシも麦も栽培したことはないし、破砕機もない。たっぷり簡単に手に入るのは刻み藁であり、これでいくことにした。ネコブセンチュウ対策でもけっこうな量を入れ込んだから、正解ではなかったろうかと、ひそかに思っている。
 また、「たんじゅん農」によると、枝豆(大豆)の連作は窒素固定が進みすぎ、大半の土壌細菌の生育に支障が出てきて自然農法が難しくなるとのことである。

 さて、枝豆の栽培であるが、連作しているのは秋にネギ種を蒔く苗床(約3m畝)で、ネギ苗との二毛作である。ここは基本的に2018年から無肥料としているが、枝豆は肥料を欲しがらず、十分に育っている。ただし、ネギ苗の生育が悪く(最近まで樹木が植わっていた箇所で土がやせてもいよう)、今後は有機肥料を入れようかと思っている。ネギは例外的に無肥料とはしていないから、なおさらだ。
 枝豆は4回(1種類は晩生品種)に分けて時差栽培しており、他の3か所が主力の栽培地となる。それは、ヤーコン畝の法尻と、ヤーコンの隣の細い畝(毎年半畝分ヤーコンの畝をずらしてヤーコン栽培するから、東西に1年おきに半畝が余る)での栽培で、いずれも無肥料だが、毎年十分に育ってくれている。
 なお、2022年からヤーコン畝は半畝ずらしを止めて栽培予定で、そうなると、枝豆は毎年連作となる。

 枝豆はどこでも無肥料で十分に育つから、毎年の作付け記録は省略するが、特記事項があれば、その都度記録することにする。
 2021年:3回に分けて時差栽培したが、種の品種を誤り、不作になった回あり。

コメント(0) 

自然農法:ゴーヤを一毛作で連作・無肥料無農薬栽培 [自然農法:ゴーヤ]

 このブログ「チャレンジ自然農法」は、2017年春に知った「たんじゅん農」(=炭素循環農法)を主な拠りどころとしています。その「たんじゅん農」の詳細は、サイト「百姓モドキの有機農法講座」 http://tan.tobiiro.jp/etc/home.html をご覧ください。
 なお、「たんじゅん農」の概要と、その後に知った河名秀郎さんが勧めておられる無肥料・無農薬の「自然栽培」の概要については、このブログの最初の記事をご覧ください。
「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培との出会い」

 「百姓モドキの有機農法講座」には、「窒素を多く含むものは絶対避けること。高炭素素材を入れ込むことがポイント」と書かれている。一番のおすすめは、廃菌床(茸栽培の残渣)、ついでトウモロコシの残骸や麦藁などであり、稲藁もまずまず使える、となっている。うちでは、廃菌床は容易には手に入らないし、トウモロコシも麦も栽培したことはないし、破砕機もない。たっぷり簡単に手に入るのは藁(一部は刻み藁)であり、これでいくことにした。

 自宅前の畑は、南側が空いているだけで3方は建物が建っていて風通しが悪い。よって、野菜によっては病害虫が付いたりして育ちが悪いが、ゴーヤはその影響は少ない。
 ゴーヤは2015年からミニ・ビニールハウス(ハウスとしては不使用)の枠組みにツルを這わせ、栽培が簡単にできるようにした。ここで、連作し、初年度は肥料不足で生りが悪かったが、その後2年肥料投入しても生りは芳しくなかった。
 原因としては、樹木が生えていた箇所で、土がかなり硬く、土壌がやせていたことが原因しよう。そして、幅・深さともにビッチュウでの掘り起こしが不足していたであろう。

<2018年夏作:ゴーヤ>
 2018年から他の多くの野菜と同様にゴーヤも無肥料栽培に取り組むことにした。
 ミニ・ビニールハウス南淵の両側30cm強をビッチュウで起こしながら、隣接する果樹園にある枯草をけっこうな量入れ込みつつ畝作りを行った。まだまだ硬かった土も2017年よりはだいぶほぐせたのではなかろうか。なお、高炭素素材である刻み藁を入れ込むといいのだろうが、在庫が少なく、ゴーヤには用いなかった。
 4月30日にポットに種蒔きし、5月14日にやっと発芽。5月20日に所定の場所に定植したが、今年も生育は悪かった。特に、7月9日早々に梅雨明けし、雨なしが続いたので、昨年より生りが悪かった。無肥料も影響していよう。
 何にしても、土がやせすぎており、下面、横面とも硬盤であるからだろう。そこで、10月下旬に硬盤崩しを行なった。三浦伸章「ガッテン農法」に基づき、ハウス内側の幅45cm程度について、表土20cmの下にある硬盤層を20cmほどを硬盤崩しを行った。休耕田の枯草を随分と入れたので、こんもりと盛り上がった。

<2019年夏作:ゴーヤ>
 硬盤崩しを行なったにもかかわらず、昨年より生育が悪いゴーヤである。ゴーヤは連作を嫌うから2、3年空けよというが、隣家ではハウスの枠に毎年這わせておられたから、問題なかろうに。やはり無肥料が災いしているようだ。
 ほぼ無収穫の状態で今年は終わり、種取りもできなかった。
 そこで、昨年秋に引き続き、土壌改良を行った。
 まずビッチュウで畝の土を両サイドに退け、凹地をさらにビッチュウで掘り、休耕田の枯草を2層に敷き込む。再び枯草を敷き、片側の土を被せ、また枯草を敷き、もう片側の土を被せる。最後に飛び出している枯草を、鍬で畝を整形しながら畝尻の土で覆う。これで枯草が何層にも入り、土壌細菌の餌となろう。
 再び休耕田の枯草を持ち込み、畝をすっぽり覆い、雑草抑えとする。
 ところで、ゴーヤを引き抜いたとき、根がコブコブになっていたので、ネコブセンチュウが多いのかもしれない。不作の原因はこれかも?

<2020年夏作:ゴーヤ>
 4月6日に畑起こしもどき(スコップを差し込み、空気を入れ、若干の土ほぐしにもなる)をしながら、牡蠣殻粉末と若干の枯草を入れ込む。勘違いしていて、同じ作業を4月26日にも再度実施。
 去年よりましだが、3株で食用に数本と種取り用2本。なんとも寂しい成績。
 雑草だけは異常と思えるほどに繁茂する。その根っこで土壌細菌が育ってくれるといいのだが。
 来年の対応として、晩秋に表層を数センチ除けてから雑草の枯草を埋め込み、埋め戻しておいた。そして、畝幅が広すぎるので、鍬で淵を削り、少し土盛した。

<2021年夏作:ゴーヤ>
 今年はミニハウス内の従前の位置とその反対側の位置(昨年は宇宙芋を栽培)の両方にゴーヤを栽培しようと目論んだが、種の芽吹きが悪く、3本しか発芽しなかったがために、宇宙芋跡にゴーヤを栽培することとした。なお、昨年の土壌改良はゴーヤ並みに地中深くまで行っておいたが宇宙芋の収穫は超不作であった。
 今年のゴーヤは新たな場所であったせいか、まあまあの出来となった。もっとも、有機肥料栽培時のようにうっそうと生茂ることはなく、実の生りようも貧相だが、自家消費には十分に間に合った。
 なお、一昨年、ゴーヤを引き抜いたとき、根がコブコブになっていたので、ネコブセンチュウが多いのかもしれないと感じ、今年は収穫終盤に、2畝ともコブトリソウを種蒔きしておいた。
 10月末にはコブトリソウを刈り取り、11月半ばに土づくりと若干の肥料入れをすることに。まず表層の土を数センチ退け、ついで10センチほどを退け、概ねフラットになった状態にし、籾殻と刻み藁を入れ、ビッチュウで耕す。刻み藁を薄くばら撒き、退けておいた10センチほどの土を戻す。ここで、牛糞堆肥を少量振り撒き、刻み藁も少量ばら撒き、表層の土を戻す。
 無肥料栽培の禁を破って、少量の牛糞堆肥を入れたが、その効果に期待。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。