SSブログ

自然農法:カブをエンドウorタマネギ跡で一毛作:無肥料無農薬栽培(須賀前の畑) [自然農法:カブ]

 このブログ「チャレンジ自然農法」は、2017年春に知った「たんじゅん農」(=炭素循環農法)を主な拠りどころとしています。その「たんじゅん農」の詳細は、サイト「百姓モドキの有機農法講座」 http://tan.tobiiro.jp/etc/home.html をご覧ください。
 なお、「たんじゅん農」の概要と、その後に知った河名秀郎さんが勧めておられる無肥料・無農薬の「自然栽培」の概要については、このブログの最初の記事をご覧ください。
「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培との出会い」

 無肥料栽培に取り組むに当たって初期の土壌改良については「百姓モドキの有機農法講座」には、「窒素を多く含むものは絶対避けること。高炭素素材を入れ込むことがポイント」と書かれている。一番のおすすめは、廃菌床(茸栽培の残渣)、ついでトウモロコシの残骸や麦藁などであり、稲藁もまずまず使える、となっている。うちで簡単に手に入るのは刻み藁であり、これでいくことにした。
 なお、「たんじゅん農」に出会う少し前に、畑全体のネコブセンチュウ対策に取り組んだ。これは、サツマイモにけっこうな被害が出ていて、畑全体で輪作しているから、空いた畝に順次、土壌改良菌剤と藁を入れ込んだところである。使用した土壌改良菌剤は、「粒状YKD」(線虫捕食菌、繊維分解菌を含有)と「バイオS5」(繊維分解菌、病原菌抑制菌を大量に含有)であり、「粒状YKD」の説明書に「稲藁をも分解し、一緒にすき込むとよい」とあり、そうした。また、1回の処置でネコブセンチュウは根絶できず、翌年、半量を同様にすき込むよう書かれていた。これは1回の処置で終わらせたが、サツマイモには大した効果はなかった感がした。「たんじゅん農」がうまくいけば、ネコブセンチュウもいなくなるとのことであり、「百姓モドキの有機農法講座」に“EM菌を1回だけ使う方法もあるが、よく知って使わないと逆効果となり、素人は手を出さないほうがいい”旨書かれていた。「粒状YKD」と「バイオS5」が「EM菌」とどう違うのか知らないが、似たような感じがし、少々心配である。

 さて、カブの無肥料栽培であるが、これはわりと簡単と思われる。無肥料だと初期生育の遅れから、少々小振りになる程度のものだ。
 カブは、須賀前の畑と自宅前の畑の両方で行っており、個々では須賀前の畑での栽培について、今まで取った土壌改良の方策を中心に記録する。

<2018~19年:エンドウ跡に大根・カブ栽培>
 2016年~17にタマネギ(一毛作)を2畝分栽培した跡に、2017~18年に1畝エンドウを一毛作で栽培。このエンドウから無肥料栽培である。なお、エンドウの種蒔き前に、畝づくりとして行ったのは、畝の西法面と中央に鍬で溝立てし、カボチャのツル、雑草の枯れたものを手作業で軽く埋め込んだだけである。
 そのエンドウ跡で、大根とカブを半畝ずつ栽培することとした。ここではカブの栽培について記録しておく。 
 エンドウが終わり、8月には畝の両サイド法面を鍬で溝立てし、休耕田から搬入した枯草を入れ込み、手で埋め込み。その後、スコップで畝起こしもどき(スコップを差し込み、前方に軽く押し、隙間を作り、空気を入れる。後退しながら10~15cmピッチで順次行っていく。参照:三浦伸章「ガッテン農法」の一手法)。
 9月20日、小雨のなか「固定種:早生今市かぶ」を種蒔き。その後、虫食いもなく、順調に生育。有機肥料栽培時とほとんど変わりない大きさに育ってくれた。

<2019~20年:タマネギ跡に遅蒔き大根・カブ栽培>
 タマネギ2畝と、エンドウ1畝&冬野菜(遅蒔き大根・カブ)1畝で、2年ローテーションで回すことにしており、今年の大根・カブ栽培はタマネギの跡になる。なお、タマネギの栽培の前には、その畝にはカボチャのツルや枯草を、タマネギ収穫畝の両サイドに埋め込み、スコップで畝起こしもどきをしておいた。
 タマネギ収穫後、畝は全くいじらず、夏に草叩きしただけで、9月20日にカブ「固定種:天王寺かぶ(丸葉)」を種蒔き。虫食いもなく、暖かな11月であったから、面白いように大きくなる。11月初めに初収穫して以降、冬になっても少しずつ大きくなっていき、豊作となった。

<2020~21年:エンドウ跡に遅蒔き大根・カブ栽培>
 前作のエンドウの栽培にあたっては、畝の片サイド法面を鍬で溝立てし、枯草を入れ込み、手で埋め込んだだけである。
 今年の遅蒔き大根・カブ栽培にあたっては、昨年は行わなかったが、スコップで畑起こしもどきをし、そのときに土壌の酸性化防止のため、牡蠣殻粉末を入れ込む。
 9月21日に昨年と同じ「固定種:天王寺かぶ(丸葉)」を種蒔き。昨年と同様に虫食いもなく、暖かな11月であったから、面白いように大きくなる。11月初めに初収穫して以降、冬になっても少しずつ大きくなっていき、豊作となった。

<2021~22年:エンドウ跡に遅蒔き大根・カブ栽培>
 8月にエンドウ跡をスコップで畑起こしもどき。
 昨年と同様にカブは豊作となった。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。