SSブログ

自然農法:普通の大根をエンドウorタマネギ跡で一毛作:無肥料無農薬栽培(須賀前の畑) [自然農法:冬大根]

 このブログ「チャレンジ自然農法」は、2017年春に知った「たんじゅん農」(=炭素循環農法)を主な拠りどころとしています。その「たんじゅん農」の詳細は、サイト「百姓モドキの有機農法講座」 http://tan.tobiiro.jp/etc/home.html をご覧ください。
 なお、「たんじゅん農」の概要と、その後に知った河名秀郎さんが勧めておられる無肥料・無農薬の「自然栽培」の概要については、このブログの最初の記事をご覧ください。
「たんじゅん農」との出会い、そして河名秀郎さんの「自然栽培との出会い」

 無肥料栽培に取り組むに当たって初期の土壌改良については「百姓モドキの有機農法講座」には、「窒素を多く含むものは絶対避けること。高炭素素材を入れ込むことがポイント」と書かれている。一番のおすすめは、廃菌床(茸栽培の残渣)、ついでトウモロコシの残骸や麦藁などであり、稲藁もまずまず使える、となっている。うちで簡単に手に入るのは刻み藁であり、これでいくことにした。
 なお、「たんじゅん農」に出会う少し前に、畑全体のネコブセンチュウ対策に取り組んだ。これは、サツマイモにけっこうな被害が出ていて、畑全体で輪作しているから、空いた畝に順次、土壌改良菌剤と藁を入れ込んだところである。使用した土壌改良菌剤は、「粒状YKD」(線虫捕食菌、繊維分解菌を含有)と「バイオS5」(繊維分解菌、病原菌抑制菌を大量に含有)であり、「粒状YKD」の説明書に「稲藁をも分解し、一緒にすき込むとよい」とあり、そうした。また、1回の処置でネコブセンチュウは根絶できず、翌年、半量を同様にすき込むよう書かれていた。これは1回の処置で終わらせたが、サツマイモには大した効果はなかった感がした。「たんじゅん農」がうまくいけば、ネコブセンチュウもいなくなるとのことであり、「百姓モドキの有機農法講座」に“EM菌を1回だけ使う方法もあるが、よく知って使わないと逆効果となり、素人は手を出さないほうがいい”旨書かれていた。「粒状YKD」と「バイオS5」が「EM菌」とどう違うのか知らないが、似たような感じがし、少々心配である。

 さて、冬大根(普通の大根)の無肥料栽培であるが、これはわりと簡単と思われる。無肥料だと初期生育の遅れから、少々小振りになる程度のものだ。
 うちでは、大根は2種類、普通の大根と「ビタミン大根」(またの名を「衛青(アオナガ)大根」)の栽培をしており、ここでは普通の大根のうち、須賀前での栽培について、今まで取った土壌改良の方策を中心に記録する。

<2017~18年:メロン畝跡に「打木(うつき)源助大根」栽培>
 今季から無肥料栽培に取り組む。
 やや広幅のメロン畝をメロンが終わった後、直ちに、その畝の中央を鍬で溝立てし、枯れたメロンの残骸や枯れ草を手作業で埋め込む。ついで東法面を同様にして埋め込む。これらは「たんじゅん農」の考え方により、野菜の肥料というより土壌細菌の餌との位置づけである。
 2列種蒔きとしたが、今年は1列は「打木源助大根」、1列は「ビタミン大根」(別記)である。「打木源助大根」を9月10日と20日に分けて種蒔き。今年は11月からの異常低温により、育ちが悪い。12月9日に大きそうなものを1本初収穫。その後の生育は微々たるもので、3月11日に最終収穫したが、小振りであった。
<(参考)2018年:大根跡にメロン栽培>
 大根の収穫後、畝の削り上げ、刻み藁入れし、ビッチュウではつり、鍬で土寄せ。種から育てた「みずほニューメロン」苗を5月末に定植。毎年、梅雨明け後に一斉に枯れることが多いが、他の畝(サツマイモとの混植)に比べて若干枯れにくかった。無肥料ながら、生りは有機肥料栽培時と変わらず、また、完熟物がまずまずの収穫を得た。

<2018~19年:メロン跡に大根栽培>
 メロンが終わったところで、後作のため雑草をきれいに削り取り、法面に溝立てし、雑草を埋め込み。ついで、スコップでスコップで畝起こしもどき(スコップを差し込み、前方に軽く押し、隙間を作り、空気を入れる。後退しながら、10~15cmピッチで順次行っていく。参照:三浦伸章「ガッテン農法」の一手法)。
 今年は「ビタミン大根」を1列半とし、残り半列に9月6日、打木源助大根、青首丸尻宮重を半々に蒔く。生育が悪く、特に青首丸尻宮重が細い。2月になっても変わらず、小さなものだ。

<2019~20年:タマネギ跡に大根栽培>
 今年から普通の大根は場所を変えて、タマネギ2畝跡の1畝で「打木源助大根」とカブを半畝ずつ、一毛作で栽培することとした。タマネギも無肥料栽培しており、初期の土壌改良方法はメロン畝と概ね同じである。
 特にこれといった土壌改良はせずに、9月8日に「打木源助大根」の種蒔き。初期に虫食いが激しかったが、今冬は異常な暖冬で、成育は非常に良く、年明け後も大根の生育はどんどん進む。有機肥料栽培と変わらぬ豊作となった。

<2020~21年:エンドウ跡に大根栽培>
 一昨年タマネギを2畝栽培した跡に、昨年は1畝は大根とカブ、1畝はエンドウを一毛作したのだが、今年はそのエンドウ跡での大根とカブの一毛作である。
 種蒔きに先立ち、スコップで畑起こしもどきをし、そのときに蛎殻粉末を入れ込む。
 9月6日に「打木源助大根」の種蒔き。昨年と変わって初期の虫食いがほとんどなく。昨年と同様に今冬は異常な暖冬で、成育は非常に良く、年明け後も大根の生育はどんどん進む。有機肥料栽培以上に豊作となった。ただし、あまりに太くなったものは巣が入るものが多くなった。

<2021~22年:エンドウ跡に大根栽培>
 前作がエンドウ畝で、一毛作で普通の大根とカブ半々の栽培とし、8月にスコップで畑起こしもどきしておいた。
 順調に生育したが、太くなりすぎて巣が入るものが目立った。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。